HOME

<会社概要>
103-0027 東京都中央区日本橋2-3-20 栄松堂ビル1F 
Tel 03-3278-3500 Fax 03-3278-2552
  有限会社TRIUMPH Gallery トライアンフギャラリー
 運営責任者 関武史



■営業時間■
平日 12時〜20時 土日祝 12時〜18時
年中無休 原則的に毎日営業

■配送料金について■
配送料金は全国どこにでも無料です。
(海外への発送料金はお客様負担になります)
送料無料ですので配送会社のご指定はご遠慮ください。

■お支払い方法■

@クレジットカード

クレジットカード各種お使いいただけます。※表示以外のカードでも大抵はご利用いただけます。

Aお振込み 三菱UFJ銀行
※御振込みの場合は合計金額から4%割引、振込み確認後の発送となります。

京橋中央支店(キョウバシチュウオウシテン) 普通口座 5099949 有限会社トライアンフギャラリー


Bお振込み ゆうちょ銀行
※御振込みの場合は合計金額から4%割引、振込み確認後の発送となります。
記号10190 番号 95177161 有限会社トライアンフギャラリー


Cお振込み 楽天銀行
※御振込みの場合は合計金額から4%割引、振込み確認後の発送となります。

第一営業支店(ダイイチエイギョウシテン) 普通口座 7191720 有限会社TRIUMPH Gallery


D代金引換
※代引手数料は無料です

会社名(商号) 有限会社TRIUMPH Gallery
ストア名 トライアンフギャラリー
ストア名(カタカナ) トライアンフギャラリー
ストア紹介 東京・日本橋の絵画販売画廊。日本人画家〜ヨーロッパ画家の作品まで幅広く取り揃えております。
郵便番号 103-0027
住所 東京都中央区日本橋2-3-20 栄松堂ビル1F
電話番号 03-3278-3500
ファックス番号 03-3278-2552
販売責任者 関武史
会社概要
めくりめく歴史の中で芸術こそが時代を超えてその輝きを失うことなく生き続けていることは、ご承知のとうりです。 その芸術の大事な一端を担う絵画(高品質の肉筆の油絵)を扱って35年。 常に価値の高い作品を他と比べてご納得いただける価格でお客様ご提供することを、モットーとしてきております。 油絵の本場ヨーロッパの画家等から直接輸入することでコストを抑え、以って一流の作品をお客様が満足できる価格でお 買い求めできるよう努めております。 これとあわせて一部卓越なる技量の日本人作家による油絵等も、特別価格で扱っております。 水準の高い絵画に接していただくことで感性をさらに高め、真の豊かさを育んでいただければと考えております。 現実に喜んでいただき、また子孫に価値あるものを少しでも遺していただきたいという観点にたって、作品の厳選仕入れと 少しでもお安いご提供に向けて、一丸となって取り組んでおります。そして来るべき本格的なインターネット時代に遅れをとることなく大いに頑張る所存です。このヤフーショッピングのトライアンフギャラリーを今後ともよろしくお願い申し上げます。
当社は杉並区の荻窪病院,大原簿記学校などに納入実績があります。

正式会社名 有限会社 TRIUMPH Gallery
住所 東京都中央区日本橋2−3−20 栄松堂ビル1F、2F
電話番号 03-3278-3500
FAX 03-3278-2552 

お支払い金額
お支払い金額につきましては以下のとおりとなります。

お支払い金額 表示金額のみ ※これ以外の経費は一切無し。
消費税について 表示金額のみ(税込価格です)
端数の扱い 四捨五入


送料について
代金以外の経費無し。

配送業者 ヤマト運輸、佐川急便、西濃運輸
お届け日 入金確認後(注文確認後)、即日〜2日以内に発送
※配達日の指定が有る方はご注文の際にご指定下さい。
海外へのお届け 送料がお客様負担となります。
その他 店頭でのお引渡しも可能です。

返品について
■お取り換え・ご返品は10日以内にご連絡下さい。
●商品が万一、事故などで汚損していた場合やご注文の商品と異なっていた場合は、当社が責任を持ってお取り換えいたします。
●ご返品される場合は、返送料、返金手数料はお客様のご負担とさせていただきます。(破損品等の場合当社負担)

■次の場合は、お取り換え、ご返品ができませんのでご注意下さい。
●商品到着よりご連絡がなく10日以上経過した商品

■ご返金について
●ご返品の商品を確認後、返金処理をさせていただきます。
●お客様ご指定の口座にご送金させていただきます。

返品・交換の条件 お取り換え・ご返品は10日以内にご連絡下さい。
返送送料 お客様負担(破損品等の場合当社負担)
返金手数料 お客様負担(破損品等の場合当社負担)

お問い合わせ
絵に関するあらゆるご相談に応じさせていただきます。何でもご質問ください。

会社名 有限会社 TRIUMPH Gallery
住所 東京都中央区日本橋2-3-20 栄松堂ビル1F、2F
電話番号 03−3278-3500
E-mailアドレス salontriumph@mbm.nifty.com
営業時間 昼12:00〜夜20:00(年中無休) <休日>臨時休業あり 基本的に常時対応いたします。
担当者 関 武史

備考1
・備考
当社はお客様のさまざまなご要望、たとえばご予算、お部屋の様子、部屋にマッチするかどうかなどなどいろいろな問題に対応させていただいております。 当社は絵画販売30年の経験を持っていますので絵に関するどのようなことでも対応できますので遠慮なくご相談ください。絵を実際に飾った後10日以内であればご返送できます。

<当社の方針・絵画販売に対する考え>

★★御購入をお考えのお客様へ★★

絵画は写真よりも実物のほうがはるかに迫力があり、魅力があります。
写真で気にいられた作品の実物はもっと魅力ある作品だとお考えください。

実際にネットで御覧になられ来店されたお客様がさらに気にいっていただき御購入されるケースがかなりあります。
遠方のお客様などで、
「実際に来店はできないけれど、興味を持った作品がある。とはいえ、ネット上での高額作品の注文は抵抗があり不安だ。」
などという場合(当然だと思います。)には、まずは是非当社にご一報ください。

お客様がご自宅のお部屋に実際に飾っていただき、気に入っていただくことがなによりです。
作品一点一点に自信を持って販売しておりますので、是非ご安心の上御注文ください。
当社は絵画の本場ヨーロッパ各国より約43年のあいだ、絵画の直輸入および販売に携わってきました。
当社では流通コストを一切省き、画家との直接取引きにより、デパートなどで販売されている
輸入絵画の約3分の1という価格での絵画販売を徹底しております。



ヨーロッパの絵画、特に「絵画の王様」ともいわれる油絵は、空間の装飾性において大変優れております。
絵画は新築祝いや、結婚祝いなどの記念のプレゼントにも適しています。
飾っていただく間中、贈り主の気持ちは贈った方の心に留めてもらうことができます。
寿命がありやがては壊れてしまうお品やありきたりなものとは異なり、絵画は色あせることなくその美しさをたたえたまま
100年以上、ほぼ永久に持ち続けます。ほぼ永久に贈り主の方の気持ちを大切に感じてもらえますので、
プレゼントとしても理想的なものといえるでしょう。絵画はまさにその家に起こるさまざまな嬉しい出来事、
楽しい思い出を一緒に見守り続けてくれる素晴らしい友人となってくれます。
相手がどんなものを贈ったら喜んでくれるかを考えたり、また自分自身、これからスタートする新生活に期待を膨らませながら、
真っ白な壁にどんな素敵な絵画をかけようか、想像をめぐらせている時など・・・。
気に入った絵を見つけ、手にし、素敵な生活を送られているお客様の嬉しそうな満足顔を見る時
本当にこの仕事を続けてきてよかったと感じます。



価格については、1万円台から30万円程度のもので高品質のものを中心に数多く取り揃えています。
画廊には常時50点以上の絵画を展示しております。
最多価格帯は10万円以下、15万円前後、30万円前後と大体3段階になっています。
この価格帯でいいものを手に入れることが一番大変なのが現実です。
しかし、この価格帯のものほど、販売する側にとって真価を問われるところです。
何千万、何億円のようなピカソやゴーギャンなどの名画ならばオークションなどでお金さえ出せば誰でも買うことが出来ますし、
その質は問う必要のないところですが、
本当のところ、お客様にとって大体30万円以下のものでいいものを発掘出来るかどうかが最も重要だと思います。
特に20号を超えるような大きな本物の油絵で数十万のお値段でいいものを手に入れるのは、通常ではまず不可能といっていいでしょう。
当店ではそのような大きなサイズの物も含め、高品質でお手ごろな価格の絵画がいくらでもあります。
販売側は絵に対するもろもろのノウハウのような総合力が必要となります。
当社は約35年間の対面販売の実績があります。(2011年7月現在)
この経験が当社の財産のひとつであると考えております。

★★ヨーロッパ諸国と日本の絵画事情★★

ヨーロッパの油絵は質量ともに世界最高水準で他の追随をゆるしません。
国内画家は実力派の優れた方ばかりで経歴も申し分のない方ばかりです。
絵画は購入後さらに飾りたくなるようなレベルのものでないと商品価値がありません。この水準の画家はおそらく国内には
現時点で1万人程度しかいません。普及が進んでくると販売可能の国内画家は飛躍的に増加するでしょう。国内では絵画販売店が
非常に少なく皆様のご近所で絵の販売店がある方はほとんどおられないでしょう。都心でも常設の絵画販売店はあまりありません。
当社の油絵は一点一点吟味して仕入れをしており受託販売商品はありません。すべて当社に帰属する商品を販売しております。
いろいろ取り揃えておりますので気に入られるものが見つかると思います。ひとりでも多くの方々に実際に自宅などに絵を飾って
いただくことで絵画がじょじょに普及していきます。ご近所などで画家、お店などで気に入られた作品があればぜひ購入してみてください。
日本の画家の置かれている事情は劣悪の1語につきます。画家になっても絵画の流通機能が国内にはほとんどないに等しいため
画家自身がセールスマンをしなくてはなりません。例えば小説家が自分の本を一人一人に売り歩くようなものです。
書店がなければそういうことになります。アメリカなどでは人口2万人程度で画廊一軒が成り立つのとは雲泥の差があります。

アメリカは欧州から絵画を毎年たくさん輸入しています。日本でも絵画を購入する習慣が諸外国並みになってくれば
多くの国内画家たちが喜ぶでしょう。ご自分の家に一点あるいは何点かの肉筆絵画を数ヶ月もお飾りになれば短期間に絵画が
どのようなものか大体わかってきます。みているといろいろな感情が出てきますから大体良いものかどうかあるいは
好みにあっているかどうか、この場所にあっているか、高さはどうか、さまざまなことを経験していくことになります。
いろいろ体験することで自分自身の絵画に対する判断力が出来てきます。肉筆絵画は見た目のよさが命ですのでなれてくると
良し悪しがわかるようになります。例えば日本の着物あるいは洋服でいえば生地がよいかどうかはあるいは仕立てがよいかどうかは
修練を積めば容易に判別できるのと同じです。おそらくいくら着物の本をお読みになっただけではむりでしょう。
経験は物事に熟達する重要な要素です。絵画を例に取れば絵画を飾ることが経験に相当します。
絵画に慣れてから美術館などで絵を鑑賞なさると違った次元が見えてくるかもしれません。
名画といってもいろいろありできの良いものさほどではないものなどに自分なりの判断を自信を持っ鑑賞することができます。
何か珍しいものを見物に行くのではなくて本当の意味で絵を見ることが出来るでしょう。
世界の絵画の普及プロセスは実際に絵をかざってそれに馴れ親しみつつそれに伴って美術館もできてきました。

油絵の判断基準は見栄えです。見栄えとは絵を見たときに生じる気持ち、感情です。
絵画は縁遠いものと思われている方もいらしゃるでしょう。絵は世の中で本来最もわかりやすいもののひとつです。
すべてがキャンバス上に表現され曝け出されています。それ以外隠されているものは何もありません。
顕微鏡で調べたりエックス線で絵画の価値を調査するということもありません。すべて目で見るのみです。
目で見るといっても漠然と電車の窓から外を眺めるのとは違います。集中力をもって頭の中をフル活動させて
絵画を判断しようとしているのでスーパーコンピューターを駆使しても及ばない分野だと思います。
絵画の入り口はとても広いものですが奥行きには際限がありません。絵を購入する時は絵をよく見ることにほとんどの時間を費やします。
とりあえず画家の経歴とか絵画にどのような意味合いがあるとかは関係がありません。見栄えの究極的に良いものが
名画といわれる巨匠達の絵画です。名画といわれる絵画には絵にまつわるエピソードなどがよく語られますが
絵画が高品質であるという前提の基に成り立つものです。見栄えがすべてということです。
見栄えという言葉はちょっと軽い感じがしますが他に一言で言い表す言葉が見当たりません。画家の心持ち、絵の質感など
すべてが見栄えという言葉に凝縮されています。皆様が絵を御覧になってあまり心が動かないときは絵が良くないか
好きな絵ではないかのどちらかです。ご自分の好みの種類のものはほとんどプロと同じような見方をされます。

欧州統合後のユーロになってからヨーロッパでは絵の値段が上昇しております。
欧州は絵画の普及率はきわめて高く1世帯あたり数十点を優に超えています。
国内は肉筆絵画の普及率は1世帯当たり1点に及んでいません。普及率は世界的に見ても低く中南米、
その他の中進国よりも低いのが現状です。欧州は毎年膨大な数の絵画が動き芸術関連(絵画、演劇、音楽等)
の年間総売上高は基幹産業を上回るほどです。絵画の普及率が高い国ほど絵画が良く売れるという事実は絵画の特徴を表しています。
テレビ、車などをさらにどんどん増やすひとはあまりいません。絵画は飽和状態がなく所有している人ほどさらに購入する傾向にあります。
油絵は一度購入すると数百年以上の耐久性があります。全世界で欧州の油絵は愛好されています。
日本ではまだ絵画の普及が遅れていますが一番の理由は馴染みがないのと価格が高いものという先入観があるためでしょう。
ヨーロッパで絵画が普及している理由は物心ついたとき既に身の回りに絵がたくさん飾られています。
これは貧富の差がなく数はかなり所有しております。経済力におおじたものをを購入するということでしょう。
日本ではそういう環境にありません。最初のきっかけは家を建てたからというものが圧倒的です。
最近では贈り物に用いるケースが増えてきています。一度購入なさるとほとんどの人がリピーターになりますから
日本人は本質的には絵が好きです。ひとたび絵の習慣が出来るととても凝る傾向がありよりいいものを求めるようになる方が多いようです。
もともと日本は侘びさびや江戸時代の浮世絵の伝統もあり鑑識眼そのものは高いものがあります。
最初に絵を飾ればほとんどの日本人は絵画のファンになるでしょう。

店長 関 武史

HOME